nn

カラー戦略ウェブ解析とは?


  • ウェブサイトで効果を上げていない中小企業のみなさまへ。

    サイトを構築する中で大切なことは、ペルソナ&USPそしてKPIを決めること。お客様のニーズを知るからこそお客様の笑顔に出会うのです。そして色を味方につけましょう。

    perusona1-card

    ペルソナってなんぞや?サイトの訪問する顧客の人物像です。元々は、心理学者のユングが「人間の外的側面」を定義した心理学用語です。ウェブマーケティングおいては、基本ともいえるのは3C分析(顧客・自社・競合)でしょう。このペルソナはその中の顧客についてです。

    どんな人がこのサイトを訪れ、商品を調べ、そして選び、更には購入へと行動するか?この人物像を詳細に設定します。

    masumi-card-usp2

    USP(Unique Selling Proposition)は、この頃あちらこちらで取り入れられていて、日本では「独自の売り」

    自の売りの提案」として知られているマーケティング手法です。

    わかりやすくいうとキャッチコピー的なものといっても良いですが、キャッチコピーそのものではなく、USPは「マーケティングのコンセプト」です。キャッチコピーは、USPを元にわかりやすく表現されたものと解釈してください。

    U(ユニーク)・・・ 独自・特徴

    S(セリング)・・・売り・強み

    P(プロポジション)・・・提案メリット

     

    この3つをまとめたものです。

    masumi-card-kpi

    KPI(重要業績評価指標)は、設定した最終目標KGI(重要目標達成指標)に対して、どのような過程を通過すれば達成可能かどうかを洗い出し、その過程をクリア出来ているかどうかをあらわす数値です。

    わかりやすく言いますと、大きな目標として、最終目標(KGI)ひとつ。

    そして最終目標をクリアするべく小さな目標(KPI)は、いくつか必要です。

    いろんなKPIをあげることで目標を達成する助けとなるでしょう。

     

     

    ウェブ解析は、ウェブサイトを軸としたあらゆるデータを活用し事業成果の最大化をすることです。ウェブマーケティングで必要なスキルの1つであり、事業成果をあげるためウェブサイトから得られる数値を元にユーザーの声を聞き、仮説検証→原因分析→対策立案を繰り返すことで事業成果につなげていきます。数字でサイトの状態を把握できる素晴らしいツールです。サイトの閲覧者の行動が数字でわかることで、ニーズの把握や見込み顧客が見えてきます。お客様のニーズを知ることで、お客様の笑顔に出会うのです。また会社の発展へとつながるのです。